バイトしてない 無職 学生

バイトしていない無職の学生でもお金借りれるの?

高校生時代はバイトに明け暮れていたという人でも、卒業後に大学や短大・専門学校に進学してからは何かと忙しくてアルバイトができないという学生さんもいることでしょう。学校の授業についていくだけで精一杯であったり、サークル活動に精を出し過ぎて他のことが何もできないという場合もあると思います。

 

実家暮らしの学生であれば衣食住に困ることもなく、お金を借りたいと思うケースは少ないかも知れません。親元から離れて学校の寮や下宿先のアパート・学生マンションに住んでいる学生さんだと、何かとお金に困ることが多いのではないでしょうか。アルバイトができなくて無職の状況となっている学生でもお金借りれるのか知りたいところですよね。

 

無職の学生はお金借りれない

無職の学生もお金借りれるのか、結論から先に言うならば、消費者金融や銀行カードローン、そして学生を対象に融資している学生ローンでは、バイトしていない無職の学生はお金借りれないのが現状となっています。更にはバイトしていても年齢が20歳未満である場合にも借入れ不可となっているんです。基本的には無職の学生は金融機関からお金借りれない場合が多いと思っておいた方が良いでしょう。

 

金融機関からお金借りれる学生と借りれない学生

学生の状況 お金借りれる可能性

20歳以上でバイトをしている

20歳以上でバイトをしていない

×

20歳未満の未成年でバイトをしている

×

20歳未満の未成年でバイトをしていない

×

 

学生が無職だとお金借りれない理由はなに?

通常、職業を聞かれた時に学生であれば「学生です」と答えることでしょう。ただし、キャッシングの申込みでは学生であってもアルバイトをしていない人の場合には、「無職」として扱われることになるのです。無職とは無収入を意味し、お金を貸しても返済能力がないため貸し倒れになると判断されてしまいます。そのため、現状では申込みを完了することができなくなっているんです。

 

即日融資も可能な金融機関として人気の消費者金融でお金を借りる場合には、貸金業法の「総量規制(参考:貸金業法について」という法律が大きく影響することになります。年収の3分の1までしかお金が借りれない決まりになっているため、年収が0円であれば当然借りれる金額も0円となってしまうのです。

 

ただし、バイトをしていて無職ではない学生であっても20歳未満である場合には、同じように金融機関でお金借りれないことになっています。未成年にお金を貸した場合、親権者などが一方的に契約の解除をすることができる上に、既に使ってしまったお金の返金義務もないという民法での決まりがあるからです。

 

バイトしていない無職の学生がお金借りれる可能性

金融機関で学生がお金を借りる場合、バイトをしていない無職だと申込みすることさえ不可能となっています。ただし、これは一般的なキャッシングのことであって、実はバイトをしていない無職の学生でもお金借りれる可能性は残されているのです。
奨学金や公的融資では学生本人の収入に関係なくお金が借りれるようになっています。ただし、無職の学生でもお金借りれるケースはこれだけではなく、他にもあるんです。とは言え注意していただきたいのは、利用条件や利用の対象となる人が限定される場合もあるため、誰もが利用できる訳ではないということです。

 

無職の学生でもお金借りれる可能性がある場合とは

無職の学生がお金借りれる場合 詳細 利用条件

手持ちのクレジットカードを利用する

カードのキャッシング枠の利用

カードの申込み時にはバイトなどの安定収入が必要

運転免許ローンを利用する

エポスカードの運転免許クレジット

マルイ・エポスカードの教習所ローン

・20歳未満の場合は親の了解が必要
・18歳以上であること
・視力、聴力の身体条件を満たしていること
・交通違反による免許取得禁止期間中でないこと

大学生協の通学免許

生協割引きもあり短期スケジュールが組める教習所ローン

・生協の会員であること・親の同意書が必要
・18歳以上であること
・視力、聴力の身体条件を満たしていること
・交通違反による免許取得禁止期間中でないこと

トラベルローンを利用する

H.I.S.トラベルローン

1回分の旅行代金を分割払い

・18歳以上(高校生を除く)
・学生、未成年者は親の同意が必要

JTBローン

旅行代金3万円以上から利用可能

18歳以上20歳未満は親の連帯保証人が必要
・20歳以上は世帯主の同意確認と収入内容の記入が必要

銀行が提供する採用内定者向けローンを利用する

東京都民銀行「大学卒業予定者ローン」 一定の大学の卒業予定者を対象に5万円以上50万円以内を融資 大学卒業予定の満20歳以上30歳未満の人で原則として東京及びその周辺に就職が決まっていること
武蔵野銀行「むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE(ルーキー)」 大学卒業予定者を対象に10万円以上30万円以内を融資 ・満20歳以上30歳以下、完済時の年齢が満35歳以下で埼玉県内または東京都内に勤務・居住している人
クレジットカードの家族カードを利用する

ライフカード・家族カード

本会員のご利用可能枠の範囲内で利用可能 高校生を除く18歳以上の家族が利用できる

楽天カード・家族カード

ポイントが貯まる年会費永年無料の家族カード 高校生を除く18歳以上家族が利用できる

 

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

現在は無職であっても以前まではバイトで収入があったため、既にクレジットカードの発行を受けているという学生さんもいるでしょう。クレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、利用限度額の範囲内で今すぐ即日融資を受けることが可能です。手持ちのクレジットカードがある場合には、契約内容を確認してみてください。

 

もし、キャッシング枠が設定されていない場合、改めてキャッシング枠の申請をする必要がありますが、無職の学生である場合には再審査に通らない可能性が高くなるため、他の方法でお金を借りるしかないでしょう。

 

運転免許ローンを利用する

無職の学生の場合、使い道自由な資金を借りれるローンは無いと言えますが、自動車教習所の費用を借りれるローンならばあるんです。例えば、マルイ・エポスカードで利用できる運転免許クレジットや大学生協の通学免許などがあります。
どちらにも共通している利用条件は以下の通りとなっているんです。

エポスカードの運転免許クレジット・大学生協の通学免許に見られる共通の利用条件

  • 18歳以上であること
  • 視力・聴力・運動能力に問題がないこと
  • 入校日が免許取得禁止期間でないこと
  • 親の同意や了解が必要(エポスカードは20歳未満の場合のみ)

両者とも利用条件で安定した収入を求めていないことも共通点と言えます。20歳未満の未成年であっても上記の条件を満たしていれば利用可能となるのです。そのため、無職の学生でもお金借りれるローンと言えます。ただしローンの申込みには審査があるので、注意が必要です。

 

マルイ・エポスカードの運転免許クレジット

丸井グループの100%出資会社となっている株式会社エポスカードの通学免許クレジットは、バイトをしていない無職の学生(来春卒業予定である18歳以上の高校生・大学生・短大生・専門学校生)でも利用が可能になっています。(※高校3年生の場合には主たる生計維持者に収入の確認電話があります)

 

入校料・検定料・教習料をまとめてクレジット払いできる他、優良提携校から自分に合ったベストな教習所やプランを紹介してもらえるのも、利用のメリットと言えるでしょう。例えば技能教習をまとめて予約できる「スピードプラン」を選択した場合には、平日でもコンスタントに通える人ならば約1カ月〜1カ月半での卒業を見込むことが可能です。

 

支払い方法は、現金払いの他、1回〜36回までの分割払いも可能です。金利は実質年率で13.2%となっているので、学生ローンでお金を借りるよりも低金利と言えます。最長6ヶ月の返済の据置期間も用意されているため、学生には優しいローンということになるでしょう。

 

大学生協の通学免許

大学生協でも通学免許プランが用意されています。利用には生協の組合員であることが必須となっていて、学生が申し込みをする場合には年齢に関係なく親権者の連帯保証人が必要となるため注意が必要です。連帯保証人へローン会社から連絡が入り、確認が完了して初めてローン承諾となります。

 

金利は9%と低金利であり、返済方法も3回〜36回の分割払い(ボーナス払いの併用も可)となっているので安心です。

 

大学生協の通学免許を利用するメリットは主に3つあります。

  • 基本教習費用がパックになっているため、技能検定料は合格するまで追加料金が不要
  • 提携校は全て公安委員会指定教習所であり、生協が卒業までサポートしてくれる
  • 通学制で最も早く卒業できる「短期スケジュールコース」も利用可能

大学生協を利用した場合には、教習所に通うための費用は一定となり、技能教習が規定よりもオーバーした場合でも追加料金のかからない安心パックも用意されています。これなら安心して免許取得ができそうですよね。短期スケジュールコースを選択した場合には、最大6時間の技能教習の予約をすることが可能になります。

 

トラベルローンを利用する

例えバイトをしていない無職の学生さんであっても、卒業旅行に行きたいと考える人は多いでしょうね。その際に国内・国外問わず必要となるのが旅行代金ですよね。普段、アルバイトで安定収入を得ている学生であれば、計画的に旅行費用を貯金することも可能でしょう。

 

現在バイトをしていないため無職となっている学生の場合には、親からの仕送りやお小遣いを月の終わりまで何とかもたせることで精一杯かも知れませんね。お金は無いけど卒業の記念にどうしても旅行に行きたいという時には、トラベルローンの利用がおすすめです。

 

大手旅行会社のH.I.S.やJTBでは、高校生を除く18歳以上の人を対象としてトラベルローンを展開しています。両者とも利用条件に安定収入についての記載がないため、無職の学生であってもお金借りれる可能性が高いです。ただし、年齢に関係なく学生がお金借りる場合には、親の同意もしくは連帯保証人が必要になります。

 

H.I.S.トラベルローン

H.I.S.トラベルローンはクレジットカードのように何度も利用するものでなく、1回の旅行代金のみを借入れする性格のローンとなります。支払方法は主に分割払いとなり(※ボーナス併用払いもあります)、3回〜36回の月払いコースとなっているんです。他にも最大6ヶ月支払いの据置ができるスキップ払いもあります(1ヶ月ごとに0.5%を金利に加算)。

 

金利については一般金利よりも低金利となっている学生優遇金利が適用されるため、卒業後に社会人になってから利用するよりも学生の内に利用することがおすすめとなるのです。ただし、分割の回数によって金利が異なるため返済計画を立ててから申込みすることが大事となります。ただしローンの申込みには審査があるので、注意が必要です。

 

H.I.S.トラベルローンでは、学生や未成年の場合には親権者の同意が必要となるため、例え無職でなくアルバイト収入のある学生でも親に内緒ではお金借りれないということになるのです。

 

JTBローン

大手旅行会社のJTBでは、バイトをしていない無職の学生であってもお金借りれるJTBローンを用意しています。18歳未満の学生では親権者が代わって申込みをする必要がありますが、18歳以上ならば以下の条件を満たせば無職の学生であっても本人の申込みが可能です。

  • 18歳以上20歳未満で収入のない学生の場合:親権者の連帯保証人が必要
  • 20歳以上で収入のない学生の場合:世帯主の同意確認と収入内容の記入が必要

学生であっても20歳以上で安定収入のある人ならば、原則として連帯保証人不要となっているため、親に内緒出お金借りれるかも知れません。バイトをしていない無職の学生さんの場合には、正直に親に事情を話す必要があるでしょうね。

 

JTBローンで借りれる金額は3万円以上で旅行代金の範囲内となるため、旅行費用が3万円未満の場合や旅行代金よりも多めに借りたい場合には申込みができないため要注意です。利用についてもJTBの販売する旅行に限定されています。

 

支払回数は1・3・6・10・12・18・24・30・36・42・48の内のいずれかとなります。ただし、毎月の返済額は最低3,000円となるため、返済回数の上限も決まってくることでしょう。返済開始の時期は最大7か月の据置期間もあるため(スキップ払い)、安心してお金借りれるのではないでしょうか。ただし、据置期間中の利息は通常の分割手数料11.9%に上乗せされることになるため、注意しましょう。

 

銀行が提供する採用内定者ローンを利用する

銀行でお金借りる場合には、消費者金融よりも更に厳しく安定した収入があることを求められます。大学や短大・専門学校に在学中であり、卒業は1年以上先という場合ならば、バイトしていない無職の学生だとお金借りれない可能性が高いです。

 

一方、来春には就職が決まっているという内定者ならば、無職の学生でもお金借りれる場合もあるのです。銀行が提供している就職内定者ローンを利用すれば、今現在の収入の有無ではなく数か月後の収入の見込みを対象に審査してくれます。

 

内定者ローンは卒業旅行などのお金がないなどの時に、親に甘えることなく自分で借りて返したいという学生を応援するローンとなっています。ただし、給与振込口座をその銀行に指定すると金利が優遇される仕組みになっているんです。顧客の新規獲得にも繋がるため、銀行にとってもメリットの多い商品と言えるでしょう。(参考:キャリコネニュース「銀行が「内定者向けローン」取り扱い開始 専門家は「カネがないなら卒業旅行はガマンしろ」と警告」

 

現在、いくつかの地方銀行で取扱いがありますが、今回は東京都民銀行と武蔵野銀行の内定者ローンについて紹介していきます。

 

東京都民銀行の大学卒業予定者ローン

大学卒業後の4月に就職する先が、東京やその周辺に決定している20歳以上30歳未満の学生を対象に、東京都民銀行では「大学卒業予定者ローン」を提供しています。大学生が卒業旅行・自動車運転免許の取得・引越しやスーツ・パソコンの購入・英語習得など健全な生活設計資金を必要とする場合のみ利用できる商品であり、卒業予定者に特化したローンとなっているんです。

 

利用には審査に通る必要があるため、個人信用情報機関での事故情報がある場合には利用不可となります。その他の利用条件については、特に現在の収入を問われることもないようなので、バイトしていない無職の学生も利用可能と言えるでしょう。ただし、大学とは言っても外国の大学や警察学校・消防学校などは利用の対象外となるため、確認が必要です。
東京都民銀行の大学卒業予定者ローンの借入れ概要は以下の通りです。

  • 利用可能な金額:5万円以上50万円以内(1万円単位)
  • 融資期間:1年以上4年以内(返済の据置期間は1年以内)
  • 金利:年8.8%(※金利優遇あり・以下を参照)
  • 必要書類:本人確認書類・在学証明書類・内定通知書の写し・同行普通預金通帳とお届け印
  • 担保・保証人:不要

 

東京都民銀行が無職の学生もお金借りれるローンを提供している理由には、新社会人の利用者を獲得したいという意図もあるようです。とは言え学生側にとっても、大手銀行のカードローン金利(最大14.0%前後)よりも大幅に低金利でお金借りれる上に、以下のような金利優遇というメリットもあります。

 

ただし、クレジットカードの発行については審査があり、無職の学生が利用できない金利優遇サービスもあるため要注意です。(※無職の学生だと利用不可となる金利優遇サービスもあります)

 

東京都民銀行 大学卒業予定者ローンで金利優遇となる場合

  • JCB CARD EXTAGEの同時申込み(安定した収入が必要):年0.5%金利優遇
  • 給料の振込みを同行の口座に指定:年1.0%金利優遇

 

武蔵野銀行「むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE(ルーキー)

武蔵野銀行には、大学卒業後の4月に就職する先が、埼玉県内もしくは東京都に決定している20歳以上30歳以下(完済時の年齢が35歳以下)の学生を対象に採用内定者を対象に融資する、「むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE(ルーキー)」があります。

 

資金の使い道として、社会人として必要なアイテムの購入・卒業旅行・各種資格取得など健全な消費性資金に限定されていて、事業性資金・投機性資金・不動産取得資金・借入返済資金には利用できないことになっているので注意が必要です。

 

武蔵野銀行のホームページ内に収入についての記載がないため、上記の条件を満たすことができれば無職の学生も利用可能と言えるでしょう。

 

武蔵野銀行 むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE(ルーキー)の借入れ概要は以下の通りです。

  • 利用可能な金額:10万円以上30万円以内(1万円単位)
  • 融資期間:6ヶ月以上5年以下(返済の据置期間は9か月以内)
  • 金利:年8.0%(※金利優遇あり・以下を参照)
  • 必要書類:本人確認書類・在学証明書類・内定通知書の写し・普通預金通帳とお届け印
  • 担保・保証人:原則として不要

武蔵野銀行の新卒予定者応援ローンは30万円を上限にお金借りれる商品となっています。金利はわずか8.0%と低金利でありながら、以下の場合には金利優遇で更にお得な利率で借入れすることが可能です。

 

ただし、クレジットカードの発行については審査があり、無職の学生が利用できない金利優遇サービスもあるため要注意です。

 

武蔵野銀行 むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE(ルーキー)で金利優遇となる場合

  • むさしのカード“SPEC”(キャッシュカード一体化クレジットカード)、むさしのダイレクト(インターネットバンキング)、Web Note(ネット専用口座)を利用:それぞれ0.5%金利優遇(最大1.0%まで)
  • 就職内定先からの給与振込を同行口座に指定:年1.0%金利優遇

 

クレジットカードの家族カードを利用する

クレジットカードの審査に通るためには、安定した収入があることが条件となる場合が多いです。バイトしていない無職の学生が申込みで収入の項目に「0円」と記入した場合には、審査に落ちる可能性が高くなることでしょう。

 

本人名義のクレジットカードの申込みでは、無職の学生だと審査で非常に不利になってしまいます。家族カードを利用する場合ならば入会審査を受けるのは世帯主などの家族となるため、無収入の学生も利用可能となるのです。

 

家族カードのメリットは、カードを持っている誰が利用してもポイントが貯まることにあります。支払い口座が同一となることから家計の管理がしやすいという便利さもあるのです。ただし、学生さんにとっては親に内緒でお金借りれないことや、カードを使ったことがすぐに親バレしてしまうというデメリットもあります。

 

家族カードが利用できるクレジットカードはいくつかありますが、今回はライフカードと楽天カードの家族カードについて簡単に紹介いたします。

 

ライフカードの家族カード

ライフカードには学生専用ライフカードもありますが、バイトしていない無職の学生だと審査に通らない可能性が高いため、クレジットカードを使いたいのであれば家族カードの利用がおすすめとなります。

 

ライフカードの家族カードは、高校生を除く18歳以上の人が利用できるようになっているため、無収入の学生であっても利用可能です。実際に借りれる金額についてはカードの契約者が付与されている利用限度額の範囲内となります。

 

家族カードの利用にも年会費が必要となる種類のライフカードもありますので、ライフカードの公式ページ内のクレジットカード一覧で詳細を確認してみてください。

 

楽天カードの家族カード

楽天カードもライフカード同様に、18歳以上の(高卒以上)人ならば家族カードの利用が可能になっています。例え無職の学生であっても、無審査でクレジットカードを持つことが可能になるのです。

 

本会員の利用限度額の範囲内ならば自由にショッピングやキャッシングが利用できますし、利用代金の支払いも本会員の指定口座から一括して行えるようになっています。

 

家族カードを利用する場合でも、本会員の楽天スーパーポイントとして貯めることができるため、楽天市場での買い物にも便利です。家族で別々のクレジットカードを持つならば、家族カードを利用してポイントを一カ所に集めた方がお得と言えるでしょう。

 

無職の学生は親に内緒でお金借りれない!

学生がどうしても即日でお金借りたいという時、普段からアルバイトをしていれば今すぐ金融機関からお金借りれる可能性もあります。基本的に20歳以上であれば、学生という身分であっても親の同意が必要ない場合も多く、自分の意志で自由にお金を借りて自力で返済していくことができるのです。

 

どこの金融機関でもキャッシングが親にバレることのないように配慮してくれていますので、親に内緒でお金借りれるようになっています。学生であっても安定した収入のある人ならば、保証人不要で審査に通ることも可能でしょう。

 

一方、バイトしていない無職の学生さんでも一部で利用可能なサービスもありますが、その際には親の同意や連帯保証人が必要になることが多いです。無職の学生は親に内緒でお金借りれないと言って良いでしょう。週に数日でも良いのでアルバイトをして、毎月安定した収入を得ることが親バレせずにお金借りるための近道となるのです。