大学生 未成年 お金借りる

未成年の大学生はお金を借りることはできるの?

大学生であっても、未成年の人がキャッシングできる金融機関はないと思った方が良いでしょう。消費者金融では20歳以上であることが融資の条件の1つとなっています。未成年は法律的にもまだ自分自身で責任を取れる年齢ではなく、全ては親の責任となります。

 

キャッシングではなくクレジットカードならば、ほんの一部のカードで学生専用のクレジットカードを発行しています。その場合でも親の承諾が必要となりますので、キャッシング枠の利用についても未成年が自由にできるわけではありません。

 

未成年がキャッシング利用をしなくてはいけない状況になることは、余りないでしょう。また例えキャッシングを希望しても、まともな金融サービスならば未成年の大学生に貸してくれる所は無いです。アルバイトなどでかなりの収入がある人でも、年齢制限で申込みを断られるはずです。

 

大学生以上にお金を借りることが難しい高校生

金融機関からお金を借りる場合の大前提として2つの条件があり、そのどちらもクリアする必要があるのです。

金融機関からお金を借りるための条件2つ

  1. 20歳以上であること
  2. 継続した安定収入があること

 

例えば、高校生が金融機関からお金を借りたいという時に満たすことができる条件は通常、2番目の継続した安定収入のみでしょう。この時点で高校生が金融機関からお金を借りることは不可となるのです。

 

高校生であっても授業や部活の合間にアルバイトで毎月数万円を稼いでいる人もいると思います。とは言え、未成年の高校生にお金を貸してくれる金融機関はどこにも無いことを認識しておく必要があるのです。

 

大学生であっても20歳未満の未成年だと消費者金融や銀行カードローンに借入れの申込みをすることはできません。一部の学生ローンならば未成年の大学生にも融資を行っていますが、高校生は利用不可となっているんです。

 

高校生は法律的にもまだ未成年の子供ですし、何をするにも親の同意や連帯保証、もしくは代行が必要になります。20歳未満の人が借金することは法律で禁止されているので(参考:民法条文解説.com「民法第5条第1項(未成年者の法律行為)」、親に内緒にして単独で契約を結ぶことができません。高校生は大学生以上にお金を借りることが難しくなっているのです。

 

違法業者からお金を借りるのは絶対にダメ!
高校生がどうしても親に内緒でお金を借りたい時には注意が必要です。世の中には未成年と知っていても普通にお金を貸す違法業者もあります。法外な高金利で返済ができなくなり最終的には親バレするだけでなく、借金の返済を親にさせるよう働きかけて来ることでしょう。「高校生の利用も可能」と言っている金融業者に近づいてはダメですよ。

 

親の同意があれば高校生でもお金を作る方法はある!

高校生が親に内緒でお金を借りることは不可能です。ただし、親の同意を得ていれば必要なお金を作ることが可能な場合もあります。親に内緒にできない・利用目的が限定されるという難点はありますが、親から借金する・アルバイトで稼ぐ以外に高校生がお金を作る数少ない方法となるのです。

 

高校生が親の同意を得てお金を作る方法

お金を作る方法 お金を作る場所や利用条件
運転免許ローンを利用する

西武百貨店「セゾンカード」、マルイ「エポスカード」
※運転免許取得のみ利用可能

クレジットカードの家族カードの利用(参考:留学マスター

三井住友VISAカード、JCBカード家族カード
※高校生が海外留学・ホームステイする場合のみ利用可能

奨学金や教育ローンを利用する 日本学生支援機構、生活福祉資金(教育支援資金)、母子福祉資金など
自分の物を売る フリマアプリ(メルカリ・フリルなど)、ブックオフ、TSUTAYAなど

※公的貸付けは親だけでなく子供も借受人となることが可能ですし、奨学金は学生本人が契約を結ぶことになっています。ただし、公的貸付けは世帯年収などの条件を満たす必要があるため注意が必要です。

 

「未成年」についての例外

 

日本の法律の中で未成年者の契約については、民法の管轄となっています。民法によれば未成年の扱いになるのは、20歳未満のみではないようです。民法では「未成年」については、「20歳未満であり、未婚であるということ」を定義付けしています。要するに20歳に達していなくても、結婚をしていれば成人として扱われることが可能になるということになります。ただし、学生ローンなどであれば、20歳以下の学生でも借りれる所はある模様です。心配な点としては「日本の法律を遵守しているのかどうか?」という点ですので、基本的には成人してからお金を借りるのがいいでしょう。
(参考:学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年で借りたい場合)

 

それでも現状では、基本的には結婚をしていても20歳に達していないことで多くの金融機関で借入れを断られる場合が多いです。ただし、その中でも数社では既婚の未成年に対して融資をしている所もあるようです。このような場合で安定した収入があるならば、金融業者に問い合わせをしてみると良いでしょう。ただし、基本的には、未成年にお金を貸す用なところは、なにか怪しいサービスである可能性が高いので敬遠した方がいいですね。

 

 

それでも未成年の学生がお金を借りたい時、どうしたらいい?

 

上記のように既婚者となれば、一部の金融業者での借入れは可能になります。それでも学生がキャッシングでお金を借りる為に未成年のうちに結婚をするわけには行きませんよね。また既婚者であっても大手の消費者金融では20歳未満の融資は行っていないようです。

 

どうしてもお金を借りたい時、やはり頼るべきはキャッシングサービスではなく「ご両親」であると思います。また少額ならご兄弟、ご姉妹に頼るのも良いでしょう。家族ならば消費者金融のように年利18%の利息を取ることもなく、無利息で貸してくれるはずです。

 

またご両親に相談をすることで、借入れの必要性をもう一度考え直すことができます。例えば学生時代に車の購入でキャッシングを希望する時、親の車を借りるという代替案を考えることもできるでしょう。また大学の学費については、親が教育ローンを組んでくれることも考えられます。

 

また大学生だけれども、親に頼りたくないという自立心旺盛な人ならば、できることならば勤務先やアルバイト先で給料の前借りをする、持っているお宝グッズなどを売却するなどして、必要な資金を捻出する方法もあります。

 

大学生 お金借りる